日立でお困りの個人・法人の方はお気軽に弁護士にお問合せください。

片岡法律事務所 片岡税理士事務所

0294-33-6622 受付:平日/第2・4日曜 9:00~18:00

メールでの問合せはこちら

茨城県日立市弁天町 1丁目3-16  日立平和通り沿い  JR日立駅そば

親権者について

 
「親権だけはどうしてもとりたい」
 
未成年の子供がいる場合、離婚後の親権者を夫婦のどちらにするか決めなければ離婚はできません。子どもを離婚後も夫婦の共同親権とすることもできません。
 

調停や裁判における親権者を定める基準

・環境の継続性

現実に子を養育監護しているものが優先されます。
監護していない親が親権を取る場合もありますが、非常に稀なケースです。
 

・監護に向けた状況

経済状況、資産状況、居住環境、家庭環境などが判断材料になります。
 

・子の意思の尊重

15歳以上の未成年の子についてはその意思を尊重します。
 

・兄弟姉妹関係の尊重

血のつながった兄弟姉妹を分離することは、子の人格形成に深刻な影響を及ぼすため、兄弟姉妹の関係は尊重されます。
 

・親族の協力

本人だけでは十分な養育が困難であっても、親族の協力が得られるのであれば、親権が認められることになります
 

・子供に対する愛情と、養育の意思

愛情と意思があることは大前提です。親権を争う場合には、双方に愛情も意思も強いので、これらが決定的な差になることはあまりありません。
 
などがあります。
 
離婚した場合に親権を失わない場合の別居方法、浮気をしている場合に親権を失うことがないようにする方法など親権問題は状況によってとるべき方法結果が異なります。
 
当事者同士では、感情的になってしまい話が進まないこともあります。

親権を取得することが難しい場合でも子供との面会交流をどのように定めるか、面会交流が成功するためのポイントなどを弁護士がアドバイスさせていただきます。あくまで親権の争いは夫婦の問題として捉えるのではなく、子供の福祉にとって望ましいのは何かという観点から考える必要があります。そのようなことを一緒に考えることができる弁護士に相談することをお勧めします。
 

離婚を考えたとき、押さえるべき8つのポイント

離婚が認められるか 親権 養育費 面会交流
財産分与 慰謝料 年金分割 婚姻費用
     

離婚の種類

 

慰謝料請求

 

 
 
     

お金に関して

 

子どもに関して

 財産分与について
 養育費について
 婚姻費用について
 離婚と年金の問題

 
 

 親権者について  
 面会交流について




 
     

離婚後の生活

 

年代に特有の離婚

 離婚後の医療保険

 公的扶助

 戸籍と氏

 

 中高年の離婚

 死後の離婚


 
     

こんな夫に思い当たったら・・・!

 

 

 エネ夫とは

 マザコン夫とは

 

 



その他の関連するページ

当事務所の特徴

 

弁護士紹介

ご相談の流れ

 

スタッフ紹介

弁護士費用

 

お客様の声


当事務所の対応エリア

マップ.PNG

当事務所は日立市弁天町に所在しております。

→JR日立駅からは平和通りを直進し、徒歩8分ほどで左手に建物が見えてきます。(クリックすると拡大します。)

 
mp.jpg

当事務所は茨城県県北地域を中心に広く(高萩市・北茨城市・東海村・那珂市・ひたちなか市・水戸市・城里町・常陸太田市・常陸大宮市・大子町など)からご依頼を受けております。

→高い専門性・厚い信頼をいただき、初めてのお客様もご紹介のお客様も、広く全県からお声をかけていただいております。


法律相談予約受付中 法律相談のお問合せはこちらまで TEL:0294-33-6622 受付:平日/第2・4日曜 9:00~18:00

片岡法律事務所 片岡税理士事務所

〒317-0072
茨城県日立市弁天町 1丁目3-16
TEL:0294-33-6622
FAX:0294-33-6685
受付:平日 9:00~20:00(土日祝休み)

※休日相談・夜間相談対応可

Copyright (C) 片岡法律事務所法律事務所 All Rights Reserved.